リサイクルトナーとプリンターの相性


仕事でプリンターを使用する時に必要なトナーカートリッジ。トナーカートリッジには純正品とリサイクル品があり、経費を削減するにはリサイクル品であるリサイクルトナーがおすすめです。しかし、リサイクルトナーを使用するとなるとその名前の通り、リサイクル品ですので、プリンターに悪影響を及ぼさないかが使用者側としては非常に気になる点だと思います。それでは実際にリサイクルトナーはプリンターに悪影響を及ぼさないかどうかというところですが、結論から言うとプリンターに悪影響はありません

しかし、リサイクルトナーを作っている企業はいくつもありますし、その購入したリサイクルトナーが使用しているプリンターとの相性が合わず不具合が生じない可能性がないとは言い切れません。それぞれに全く問題がなくても、組み合わせることで不具合が起きることがあるかもしれません。

そこで業務に適しているリサイクルトナーの販売店での購入であれば、プリンターも補償してくれます。万が一、リサイクルトナーが原因でプリンターが故障した場合は、販売店が修理費を負担してくれます。プリンターの補償を受ける場合は、販売店が手順を定めていますのでその手順に従うことと手順を守らなければ補償を受けられないことがありますので注意しましょう。

保証期間について


仕事で必要不可欠なプリンターですが、その中でもリサイクルトナーは経費削減という意味で非常に重要な役割を持っています。業務用で使用するリサイクルトナーは厳しい検査を行った上で出荷がされており、不良品の発生率もかなり低い確率に抑えられています。

保証期間ただし、万が一のことも考えておくのが業務用製品の取り扱いです。そこで、保証期間についても覚えておくようにしましょう。適切な販売店であれば、リサイクルトナーには一定の保証期間を設けているものです。期間内に印字に不具合などが起きた場合は、修理・交換を無料でできるようになっています。

保証期間の長さについては、なかには永年保証を掲げている販売店もあります。とはいえ、ビジネスでの通常の使用期間を考えれば、保証期間は1年あれば十分です。長い保証期間が設けられていても、その時に販売店が存在していなければ意味がありませんし、現実的には保証期間が1年あれば、あえてそれ以上の保証期間の長さがある販売店を選別することもありません。

リサイクルトナー購入時に保証期間があるのかどうかということは、大切なポイントです。購入時にこの明記がないところからの購入はあまりおすすめではありません。

リサイクルトナー業者を選ぶポイント


リサイクルトナー会社を経営している人や総務の方など、仕事の中でプリンターを使用する機会は非常に多くあるかと思います。そんなプリンターですが、使わない日はないと言っても良いでしょう。毎日使用するだけにプリンターにかかる費用は経費に重くのしかかってきます。プリンター経費にはコピー用紙やインク代などありますが、その中でもトナー代は経費を削減するのにまず第一に目を付けた方が良い経費でしょう。そして、トナーの中で純正品とリサイクル品とがありますが、リサイクルトナーは純正品と比べると格段に安いのです。そんなリサイクルトナーですが、実際にそのリサイクルトナーを取り扱っている業者を選ぶ際にはどのような点に注意すれば良いのでしょうか?

まず大前提に適切な販売店で業務に適したリサイクルトナーを購入すれば、リサイクルトナーで失敗することはありません。純正品と同じように印刷できるのに経費も削減できますし、純正品と比べ60%~70%以上のコストカットができます。リサイクルトナーとは各工場のオリジナル製品です。リサイクルトナー選びのポイントは、業務用品質のリサイクルトナーを購入すること。従って、業務用品質のリサイクルトナーでない場合、たとえとても安いリサイクルトナーであったとしても購入後、印刷をしてみたら失敗したなんてことは非常に多くあります。しかし、リサイクルトナーは各工場、つまりメーカー側の基準がありますので、購入側としては何も言えません。