リサイクルトナー業者を選ぶポイント


リサイクルトナー会社を経営している人や総務の方など、仕事の中でプリンターを使用する機会は非常に多くあるかと思います。そんなプリンターですが、使わない日はないと言っても良いでしょう。毎日使用するだけにプリンターにかかる費用は経費に重くのしかかってきます。プリンター経費にはコピー用紙やインク代などありますが、その中でもトナー代は経費を削減するのにまず第一に目を付けた方が良い経費でしょう。そして、トナーの中で純正品とリサイクル品とがありますが、リサイクルトナーは純正品と比べると格段に安いのです。そんなリサイクルトナーですが、実際にそのリサイクルトナーを取り扱っている業者を選ぶ際にはどのような点に注意すれば良いのでしょうか?

まず大前提に適切な販売店で業務に適したリサイクルトナーを購入すれば、リサイクルトナーで失敗することはありません。純正品と同じように印刷できるのに経費も削減できますし、純正品と比べ60%~70%以上のコストカットができます。リサイクルトナーとは各工場のオリジナル製品です。リサイクルトナー選びのポイントは、業務用品質のリサイクルトナーを購入すること。従って、業務用品質のリサイクルトナーでない場合、たとえとても安いリサイクルトナーであったとしても購入後、印刷をしてみたら失敗したなんてことは非常に多くあります。しかし、リサイクルトナーは各工場、つまりメーカー側の基準がありますので、購入側としては何も言えません。